定年生活.com トップ» 暮らす » 独りの夏(1)

独りの夏(1)

2011/9/16  五月 さん

老後の生活|独りの夏季節ごとに夫とめでてきた山小屋。万緑に囲まれる夏は、コバルト色の空が辛うじて、ベランダから樹々の上に広がって見える。

今年は独りで過ごす境遇となった。といっても、娘や孫、息子家族が、八月初めから二十日まで交替で、わたしと共に暮らしてくれた。お互いに都合をつけあった夏休みも終わり、二十一日から、月末まで、一人暮らしのつもりであった。
ところが次の土曜日二十三日に、娘が来て月曜の朝帰るという。わたしを一人にするのが心配だからという理由。
昨年も週末ごとに来てくれたが、孫が勤めるようになり、土曜出勤や出張もある。家族の世話で、体に無理がいくのが目に見えている。いくら新幹線で、家から二時間ほどで着くといっても、あまり丈夫でない娘を疲れさせたくない。

わたしは田舎育ち、隣家の無い山中であろうが、怖いことなどはない。冷蔵庫に食料さえ入れておいてもらえば、独りで暮らせる。
「来なくていいから、だいじょうぶだから」
「本当にいいの、だいじょうぶ?」
「何かあったら、駆けつけてくれる親類もあるんだから平気だって」
娘と何回もやり取りの末、私の言い分が通り、冷蔵庫を満たして娘は帰って行った。
けれど毎日電話が入る。物忘れがひどくなったことと、頭と足が悪いだけで、自分ではまだしっかりしている心づもりでも、周りから見ると放っておけない老人に見えるのだろう。

案の定、突然土曜日に「叔母ちゃーん」と姪夫婦が訪ねてくれたり、実家の甥が、わたしにとって兄嫁である母親を、連れて来てくれた。次は、九十八歳の姉を連れて姪二人が来てくれた。ここは山の上とて、車がないと来れないので、姪や甥が車で送ってきてくれることになる。
来客と言いたいが、さにあらずみんな、わたしの分の食事まで持ち込んできてくれ、わたしは座したまま馳走になる。使用した食器などもきれいに片づけてあり、わたしは幸せこの上ないお客様であった。

今迄も、親族で故郷を離れたのは、末っ子のわたしだけだったこともあってか、信州へ行くといたわられてきたが今年は、夫が逝ったことでいちだんと気遣いをしてくれ、あっという間に五日間が過ぎてしまった。
家の中は、昨年夫と暮らしたままになっている。二人で遊んだオセロをはじめとしたゲームのあれこれ。夫の食器、洗面用具、夫が一手に引き受けてくれていたお茶道具、杖、靴、衣類。目につく度、「あぁお父さんの」と思うけれど、独りの時間がないため、追憶に浸る時とてない。
わたしは思う。これでいい。もう夫は戻ってこない。残りの数日、独りの日々を楽しもう。

平成二十年八月二十七日夜記

続編 独りの夏(2)へ

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業
 

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る