定年生活.com トップ» 働く » 世相を斬る!(7)格差社会を怒る

世相を斬る!(7)格差社会を怒る

2011/12/2  虎穴 さん

定年後の生活|格差社会
オリンパスや大王製紙など、経営者の不祥事が相次いでいますが、大王製紙前会長による巨額借り入れ事件には、あきれると同時に、日本の格差社会の一端を見る思いがします。

新聞報道によると、大王製紙の井川前会長は、昨年から今年9月にかけて、連結子会社7社から計約106億円を借り入れ、その全額を海外のカジノにつぎ込んでいたようです。
井川前会長は創業家3代目の「エリート御曹司」で、もともとギャンブル好き。高級クラブで豪遊したり、マカオのカジノには、一度の渡航に5億円をつぎ込むこともあったといいます。創業家ということから、会社を私物化していたようです。

創業家でなくとも、日本の会社にはワンマン経営者が数多くいます。そうした経営者のもとでは、財務状況が不透明になりがちで、仮に経営者の不正を社員が知ったとしても、それを告発しにくいのが、日本の企業風土です。
大王製紙の前会長も、そうした風土のもとで、ますます増長したようですが、社員や世間の気づかないところで、経営者の不正や蓄財が進んでいるのが、日本の企業社会の実情のように思われます。

労働経済白書によると、1997年から2007年まで10年間に、企業の経常利益は28兆円から53兆円と2倍近くに増えたものの、従業員の給与総額は逆に147兆円から125兆円に減少した実態が明らかになっています。会社が利益を上げているにもかかわらず、社員に還元せず、企業に蓄積しているということです。経営者と社員との所得格差がますます広がっているようです。

かつて、“一億総中流”といわれた時代がありました。高度経済成長の所産でもあったのですが、最近は“一億総貧困”とさえ呼ばれています。バブルがはじけ、シニア世代のリストラが相次ぎ、若者のフリーター化が進んでいます。生活保護世帯の増加も見逃せません。

世界的に見ても、日本の貧困率は高いようです。IMF(国際通貨基金)の報告書によると、国民の平均所得の半分に満たない、いわゆる貧困層の割合が、日本は15%で、世界で6番目です。メキシコ、イスラエル、チリが上位3国で、何とアメリカは4番目。5番目はトルコです。

一億総貧困と、一握りの富豪。そんな格差社会の現状に怒りを禁じ得ません。

世相を斬る!

(5)消費税の増税はやむなし

(6)チベットの現状を憂う

(8)オリンパス巨額損失隠しは“氷山の一角”へ

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る