定年生活.com トップ» 働く » 世相を斬る!(19)とんでもない“若肉老食社会”

世相を斬る!(19)とんでもない“若肉老食社会”

2012/2/24  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
「若肉強食」という言葉はご存知と思いますが、最近、“若肉老食”なる言葉が一部でささやかれています。「老」というのは、戦後に生まれ、高度経済成長期の日本を支えたシニアからシルバー世代の人たちです。いわゆる団塊の世代と呼ばれています。この人たちが、現在の若者の犠牲の上に、安穏な第二の人生を送っているというわけです。所得や年金、雇用などで世代間格差が広がっていることが、その背景にあるようですが、シニア、シルバーから言わせると、これは、とんでもない思い違いといえます。

世代間格差については、例えば年金に関して、若い人たちの間には、将来に大きな不安のあることを認めざるを得ません。いまの現役世代が、定年後に、現在と同じほどの年金を受け取ることは困難なようです。雇用にしても、企業の高齢者雇用の促進が、若者の雇用機会を狭めるという側面も事実です。しかし、これらはいずれも、一般論であって、実態は必ずしもそうではないことを理解すべきです。

所得格差については、若い世代、高齢者世代など、それぞれの世代には格差があります。むしろ、年金生活者が中心の高齢者世代より、現役世代の方により大きな所得格差があると思われます。
シニア、シルバー世代の人たちは、働きたくても働く場所がない、生活のために働かざるを得ない、というのが実態です。

厚生労働省が先ごろ、55歳~64歳の約2万6000人を対象に「中高年者縦断調査」を実施しましたが、それによると、「65歳以上、さらに70歳以上になっても仕事をしたい」と考えている人は、全体の90%近くに達しています。仕事をしたい理由を聞いたところ「生活費のため」が63%、「生活費を補うため」が32%と、95%の人が生活のためと答えています。「健康のため」「社会とのつながりを持ちたい」という回答はごく少数にとどまっています。

生活保護世帯もシニア、シルバー世代の割合が最も多いようです。病院に行きたくても健康保険に加入していないので行けない、家賃を滞納し、アパートの電気・ガスを止められた・・・。こうしたシニア、シルバーが増えています。高齢者の貧困対策こそ、急務です。

世相を斬る!

(17)海外留学に支援策を

(18)東京オリンピックの再考を

(20)エルピーダ倒産に思う

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る