定年生活.com トップ» 食べる » 夜のひとときの贅沢

夜のひとときの贅沢

2013/2/21  佳恵 さん

シニア|食後
夕食は早めに済ませたあと、7時か8時ごろに、コーヒーや紅茶を飲みながら、ちょっとしたお菓子をつまむ、というのが、私たち夫婦の楽しみです。

夫が仕事で激務だった頃は、とうていできないことでしたから、今、毎日のようにそうした時間が持てることはなんと贅沢なのか、と思います。

しかし人間というのは欲張りなもので、「この時間をもっと贅沢なものにできないか」と考えるようになりました。

最初にやったのは、コーヒーをインスタントからちゃんとした豆に替え、紅茶もいい茶葉を使う、という、飲み物そのもののグレードアップです。

コーヒーも紅茶も格段に風味が良くなり、しばらくはそれで満足していました。

ですが今は、もっと贅沢なことをしています。
現在、家に常備している飲み物は、コーヒーと紅茶だけではありません。
インスタントではありますが、ココア・カプチーノ・カフェモカ・キャラメルマキアート・抹茶ミルク・いちごミルクなど、種類を豊富に増やしたのです。

これは夫にも大好評。本格的なコーヒーと紅茶が楽しめるだけでなく、気分によって多種類の飲み物が選べるので、まったくと言っていいほど「飽き」がこなくなりました。

そして、お菓子の種類も増やしました。
常備するクッキーの種類を増やすだけでなく、たまには和菓子やケーキなども買ってきて、こちらも変化をつけるようにしたのです。

さらに、少しだけパソコンが使える私は、ワードではがきにメニュー表を作るようになりました。夜のティータイムが来ると夫に「ご注文は?」と聞くのが最近の日課のひとつとなっています。

こんな形で少しずつ、ティータイムを充実させてきた我が家。
夫もこの進化には大賛成で、「以前よりさらに、この時間が楽しみになった」と笑ってくれています。

たまにお客さんが来ると、飲み物とクッキーのメニュー表が置いてあるのに驚きながらも、楽しそうに注文してくれて、「このアイデアいいわね」と、私たちの真似をする人も何人か出てきています。

そして今、「ここまで来たらとことんやろう」という夫の意見で、ティータイム専用のコーヒーテーブルと椅子のセットを探しているところです。
先日息子夫婦にその話をしたら、お嫁さんが「そのうちティータイム専用の部屋を作るリフォームでもしそうですね」と笑っていましたが、それを聞いた時は夫婦ともに「その手があったか」とアイデアをもらったような気分になりました。本当にいずれは、それもやるかもしれません。

こうした私たちのこだわりは、傍から見ればくだらないことかもしれませんが、ちょっとしたことでも「夫婦で楽しめる」というのは、老後をともに暮らしていく上でとても大切なことなのではないか、と感じています。おかげさまで私は、夫在宅ストレス症候群、などというものとは無縁です。

ティータイムへのこだわりが完成形になったら、また何か「夫婦で楽しみながらこだわれるもの」を探して、老後の暮らしをますます心豊かなものにしていきたいと思います。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る