定年後の生活を楽しもう | 定年後の趣味に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 遊ぶ » おひとり様へ

おひとり様へ

2013/2/25  青い影 さん

定年後の生活|ひとり みなさんは、一人でどこにでも出かけることができますか?

一人でも気軽にフラリと出かけることのできる人を、「おひとり様」と呼びます。

「おひとり様」が認知されはじめていて、ひとりで入れるお店も増えていますが、人の目が気になってしまうこともありそうですね。

以下に上げるのは、「さすがにこれだけはできない…」おひとり様の行動ランキングです。

9位、ひとりラーメン屋

ラーメン屋は、カウンター席なら平気です。

テーブル席では、最初一人で食べていて、後から来た怪しいグループに囲まれたりすると、食べた心地がしなくなります…。

8位、ひとり旅

気の合わない人と旅行に行くと、ケンカになることがあります。一緒に旅をするメンバーの人選が重要です。

友人達と出かけて、見たい場所が違う場合は、集合場所を決めて待ち合わせたりします。その点、ひとり旅は気楽そうですけどね。

7位、ひとり映画

観たい映画が一緒ならいいですけど、趣味の合わない人につきあって、疲れていたのか途中で熟睡してしまったことがあります。

映画館は暗いので、ひとりで観たとしても、それほど違和感はないと思います。

6位、ひとりコンサート

コンサートはジャンルにもよります。クラシックは静かだからひとりでも平気そうですが、グループで来ている人の多いコンサートとなると、圧倒されそう。

5位、ひとりカラオケ

個室が狭ければ気にならないでしょうけど、広いと一人の歌声がむなしく聞こえそう。

4位、ひとり居酒屋

大勢で飲みに行くイメージがあるのは大衆居酒屋で、高級感の漂うところなら、おひとり様でも大丈夫。

3位、ひとりバイキング

ひとりでバイキングに参加すると、ハタから「大食い」だと見られそうですが、逆に思いっきり食べようという時は、ひとりの方が良くありませんか?

恋人同士でバイキングに行くことは、さすがにないかもしれませんが、なりふりかまわずに食べると、ドン引きされそうです…。

2位、ひとり焼肉

焼き肉店は、大勢で行くという暗黙の了解があるせいか、席が広くて持て余しそうです。

お店が混んでる時間帯だと相席で、よその家族に混じって食べるようなことになるかもしれません。アットホームな大食漢向けでしょう。

1位、ひとり遊園地

ひとり遊園地がつらいのは、ペアで乗るための乗り物が多いからではないでしょうか?

配偶者と離婚したり、死別するなど、また、友人が先に逝き、自分だけが長生きすることも…。老後をおひとり様ですごさなければならないことを考えると、「今からおひとり様に慣れておいた方がいいかもしれない」などと考える今日この頃です。


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。