定年生活.com トップ» 暮らす » 草葉のかげで

草葉のかげで

2013/4/24  不如帰 さん

定年後の生活|シニア
桜の散るちょうど一年前、祖母が亡くなりました。主人のおばあちゃんです。ここ十年ほどは認知症が進み、ほとんど寝たきり状態でしたが九十四歳、自宅で逝きました。
病気はなく、老衰で静かな旅立ちでした。
葬儀は、それはそれはにぎやかで、孫ひ孫までがやってきて盛大にお別れしました。

ところが、四十九日が終わり新盆前の昨年六月、義父(祖母の長男)と姉妹らのあいだに揉めごとがおこり、以来ばったり親交がなくなりました。
祖母の生前は、あれほど濃い親戚づきあいだったのに、です。

どんないきさつがあって、どんな誤解が生じたのか孫嫁である私はわかりませんが、今年の一周忌は昨年の葬儀・四十九日とはうってかわり、ごく内輪の、わずかな親戚が集まっただけの寂しい法要でした。
仲たがいしていた兄弟が肉親の死をきっかけに再会し、縁を回復する場合もありますが、主人の実家はまったく逆です。

祖母に骨肉の争いになるほどの財産はなく、金銭のもめごとではないのは確かですが、それゆえに感情の行き違いは肉親の一周忌をもっても埋め合わせできないほどの深刻なものなのでしょう。
人が集まるのが好きだった祖母は草葉の陰でどんな気持ちでいるかと思うと残念です。
立派なお墓をたて、お坊さんを呼んで供養しても、死んでも死に切れないでしょう。

先日TVのドラマを見ておりましたら、「生きている人にとって死んだ人が必要になることがあるんだ」という台詞が出てきて、深くうなずきました。
法要は、そう、生きている人が亡くなったひとのためにする行事ではなく、今生きている人たちが亡くなった人を「必要とする」時間だと思うのです。
実の親の一周忌に来なかった義父の姉はよほどの理由があったのでしょうが、こんなときこそ本当に亡くなった祖母を必要としてほしい、と感じます。

法要のあとの会席は、温泉の一室でこじんまりといただきました。散り始めた桜と、黄色のレンギョウ、紫のモクレンの花が美しく、春うららかな日でした。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る