定年生活.com トップ» 暮らす » ユーモアについて

ユーモアについて

2014/1/24  マキオ さん

定年後の生活|ユーモア
広辞苑を引くと「上品な洒落やおかしみ。諧謔。」とあった。いや、これは厳しい、難しい。私には、そんなセンスは皆無だ。私が可笑しさを醸し出すとすれば、ユーモアではなく、大真面目になった時の滑稽な言動に依っているからだ。

むかしむかし、十九歳の頃に付き合った女の子は、ちょっとキスを試みただけで激しく抵抗し、会ってくれなくなった。
うら若い私は、この世の不幸を一身に背負ったかのように懊悩し、煩悶し、絶望し、幽鬼の如き表情で枯葉の街を彷徨い、ついでに定食屋に入って飯をパクパク食べたりしていたのだが、一カ月後に緊張の面持ちで再会したら、彼女からキスをするように仕向けてきた。

結果的には、焦(じ)らしてからカードを切れば効果は増す、という彼女の浅知恵に気づいたので別れてしまったが、その顛末を寮で同室のA君だけが知っていて、後日A君は「深刻に悩む姿は、かなり滑稽で面白かったぜ」と言った。

大真面目になったり、悲劇的になればなるほど滑稽な喜劇を演じてしまう。ユーモアとは懸け離れた資質を具える私の酸っぱい昔話であり、私が醸す可笑しさの原点でもある。

三十年くらい前のこと。湘南方面をドライブした際「ユーモアのまち茅ヶ崎」という大看板を見かけたが、縁あって十数年前に茅ヶ崎へ移り住んでみると撤去されていた。
「人間尊重都市」のような全く意味のない文言に比べ、上品で洗練された笑顔の街を目ざすという、極めて志の高いスローガンだったと思う。しかし、残念ながらそのセンスや高邁さが理解されず、哀れ撤去の憂き目を見たというのが私の勝手な解釈だ。

斯くもユーモア道は深く厳しい? のであり、私は真にユーモアを体現するような人物に会ったことがない。但し、ひとりだけ例外中の人物をテレビで見たことがある。
園遊会などの記録映像に見る、高貴な中に、えもいわれぬ表情を湛えた、お元気な頃の昭和天皇である。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る