定年生活.com トップ» 遊ぶ » 日本語ってすごい

日本語ってすごい

2013/7/3  声に出して読みたい さん

定年後の生活|隅田川
雲は湧き 光あふれて
天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ・・・

ご存じ、「栄冠は君に輝く」の最初の歌詞ですね。もうすぐ予選が始まる夏の高校野球のテーマソング。
この曲を聴くたびに、私はこんな情景を思いうかべます。

・夏の陽光がふりそそぎ、眩しくて暑い暑い甲子園球場
・青い空の中に真っ白くうかぶ大きな入道雲
・カーンという鋭い打球音を残して高く舞い上がる大飛球
・一瞬の静寂の後にわきあがる歓声と太鼓の音

日本語ってすごいと思うのは、シンプルな表現でも、そこからたくさんのイメージがあふれ出てくることです。
この曲は1948年だから戦後ですが、こういった日本語の素晴らしさを音楽にも取り入れたのは明治からでしょう。

その先駆例であり代表例が滝廉太郎の「花」。ほんとうに豊かな表現ですね。

春のうららの 隅田川
のぼりくだりの 船人が
櫂のしづくも 花と散る
ながめを何に たとふべき

・ポカポカ陽気、多くの人が繰り出して賑やかな隅田川の河原
・そこかしこでお花見をする人々
・河原から眺めると、川面には多くの船が行き交っていて
・船人がごぐ櫂の先から水しぶきが上がってキラキラ光り
・川全体もそよ吹く風に、たとえようもないほど美しく光っている

作詞は武島羽衣という明治時代の詩人、国文学者で、この人は1967年まで生きていたそうです。
日本には俳句や和歌の伝統がありますから、短い言葉からイメージ豊かに表現するのは日本人の得意とするところでしょうが、これを近代語でも実践しようとした明治の先人たちには頭が下がる思いです。

こんな母国語を持っていることを、われわれはもっと誇りに思ってもいいのではないでしょうか。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る