定年生活.com トップ» 働く » 平社員に逆戻り

平社員に逆戻り

2013/6/10  しまじろう さん

定年後も仕事
今年、定年退職を迎えるまで、私は課長だった。
しかし今は、平社員である。

どういうことかというと、話は一ヶ月ほど前にさかのぼる。今年、定年退職となった私が、家事をまるでやらずテレビやパソコンばかりを見ているので、妻に叱られたのだ。

「もう仕事に行ってないんだから、少しぐらいは家事を手伝ってよ」

妻にこのように叱られたのだが、私が家事をするということがあまりピンとこなかったので、「仕事ならやる気が出るんだが家事はどうもなあ・・・」と答えた。

ところが次の日。
妻の態度と口調がいきなり変わった。

ある日は、「3時までに、お風呂をきれいにしておいてくれたまえ」
そしてまたある日は、「今からこの洗濯物をこのようにたたんでくれたまえ」などなど、家事の命令をするようになったのだ。

一体何なのかと一瞬あっけに取られたが、すぐに、なるほど、と理解した。
私が「仕事ならやる気が出る」と答えてしまったために、妻は「家事を仕事のように命令すれば、私がそれを仕事と見なしてこなしてくれるのではないか」と判断したのだろう。

妻のユニークな発想に内心笑いそうになりながら、「かしこまりました」と答えて、言われた家事をこなすことにした。
しかし面白いことに、こんな「ごっこ遊び」のようなものでも、これは今の私の仕事なのだ、と自分に言い聞かせれば、意外とやれるものなのだ。仕事の効率が悪い、仕事が雑だ、と思われたくないという意識から、家事を効率よく、かつ丁寧にやろうとする意識が芽生えるようになった。

こうして、妻の家事業務命令は毎日、なにがしか出るようになった。そしてつい先日「しかしこれじゃ、こっちが平社員みたいだな」と言ったら、「当たり前だろう、君は家事はまだまだ初心者なのだから、立場は平社員も同然だ、私はベテラン上司だぞ」と笑いながら返されてしまった。いやはや、ぐうの音も出ない。これは一本取られた。

ただ、今は平社員でも昇進・昇給の可能性があるらしい。上司である妻が私の家事を査定するらしく、うまくいけば昇進して、小遣いのベースアップもあるとのことだ。

私の現在の小遣いは、月1万円である。現役時代から比べると金額は激減しているが、働いているわけでもないし、煙草も嗜まないのでこの金額でも何とかなるからまあいいか、と思っている。しかしこの小遣いも、家事をきちんとこなして上達し、無事に昇進すれば月額1000円から2000円ほどのベースアップをしてくれるそうだ。

何にせよ、私の第二の人生はまた、平社員からのスタートとなった。妻の手のひらで、いいように転がされているようにも感じるが、この歳になって、これからの残りの人生を夫婦で仲良く歩む必要があるのだから、ここでわざわざ亭主関白を気取って大きく出る必要もあるまい。
我が家は今のような「家事の時だけかかあ天下」が、ちょうどいいようである。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る