定年生活.com トップ» 暮らす » 年金暮らしのアートメイクデビュー

年金暮らしのアートメイクデビュー

2013/9/17  美奈子 さん

シニア|エステ
若い頃はエステなどまったく興味がなかったのですが、実は私、齢66歳の年金暮らしの身で、生まれて初めてエステサロンに行くこととなりました。

何故エステサロンに行くことになったのかというと、アートメイクをするためです。
近年、歳のせいか少し手がふるえがちで、毎朝眉を書くのにひと苦労するようになっていたのですが、ご近所の方にその話をしたら、だったらアートメイクをやってみたら、とアドバイスを受けたのです。

アートメイクは入れ墨よりも浅いところに眉の色を入れて、数ヶ月から1年ぐらい、眉を書かずとも大丈夫な状態にする、というものだそうで、入れ墨よりもずっと安全性も高いし、眉の手入れが楽になるのでお勧めだと言われました。

そこで、アートメイクをやってくれるエステサロンを探して、このたびアートメイクをやってもらったのです。

アートメイクをやってもらった初日は、あまりの眉の濃さに驚きました。自然なメイクとはかけ離れた、濃い色の眉を見て、一瞬「こんなに目立つ眉でこれからしばらく過ごすことになるのか」と不安になってしまいましたが、エステサロンの方が数日たてば落ち着いてくる、とアドバイスしてくれたので、それを信じて落ち着くのを待つことにしました。

それにしても、アートメイク当日の眉の濃さは、今でも忘れられません。自宅に帰れば夫が「なんや、怖い顔になったなー!」と大笑い。さらに「ちょっとその眉毛で、サイナラ、サイナラってやってみいや」と、淀川長治さんの物真似までリクエストされてしまいました。それほどに濃く、くっきりとした眉だったのです。

幸いにも、エステサロンの方のアドバイスどおり、数日で自然な感じの色に落ち着いてほっとしましたが、あのままだとどうなっていたことやら。

それにしても、今はメイクで眉を書かなくてよくなった分、朝のお化粧が本当に楽になりました。いつでも眉の状態が万全に仕上がっているという感じで、見た目も映えるようになった気がします。

すっかりアートメイクの出来に気を良くした私は、次のアートメイクも考えています。今度は、唇にアートメイクをしてもらおうかと考えているのです。お化粧で眉書きだけでなく口紅の手間もはぶけたら、どれほど楽になることでしょう。それを考えるだけで、楽しい気持ちになってきます。アートメイクというのは、現状では若い人向け、というイメージが強いのでしょうが、私たちの年代にも、もっと広まってほしいものだと思いました。

もっとも、唇にアートメイクをやってもらっても、やはり初日は眉の時と同様に、不自然なほどに濃くなるのでしょうね・・・また夫にどんなからかいを受けることやら、とも思いますが、その夫の反応を予想することも楽しめるようになりたいものです。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る