定年後の生活を楽しもう | シニアの婚活・恋愛に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 結婚 » 婚外子の相続権

婚外子の相続権

2013/9/19  正子 さん

シニア|家族制度 先ごろ、婚外子の遺産相続における法の下の平等を訴える裁判(最高裁)がおこなわれ、現在の法制度は違憲との判断が下されました。
なるほど、未婚の母や事実婚など最近の結婚のありかたが多岐にわたる今の時代いたっては、かつての法制度がそぐわなくなった、ということなのでしょう。

婚外子の多くは、いわゆる「二号さんの子」(古っ!)「愛人の子」といわれる人たちです。確かに彼ら自身に非はありません。
遺産相続ともなれば、実子らですら骨肉の争いをすることが多々あるというのに、それに婚外子までからんでくるとそれはもうドロドロを通りこしてぐちゃぐちゃになりかねません。
ベストは、資産を残すご本人がきっちり「遺言」すればいいのですがね。だって、そうでしょう。自分のまいたタネなんですから。

今回の判決は「前進」と歓迎されるいっぽう、心穏やかではない人たちもいることは確かです。
自分の家庭を壊した相手とその子どもなど、「本妻」にしてみれば憎くないわけがありません。
本妻とその子どもらが被った精神的苦痛を考えれば、相手の経済的な不利益を当然と考えるのは心情的に理解できます。親の「不徳」のなせる業が子にまで及ぶのはやむをえない、
そのくらいの「覚悟」があっての不倫でしょと、言いたくもなるでしょう。

そういった意味で、今までの制度(婚外子の相続上の不利益)は、一定の抑止力を期待されていたともいえます。
つまり、婚外で生まれる子どもは不遇だから、結婚・出産は「正規の手続き」にのっとってなされるべき、というルール遵守ための一翼です。

私が高校生の頃、同じクラスの友だちの家に行く道ぞいに、すごく立派な大きな家と、そのすぐ隣に薬局を兼ねた小さな住宅がありました。
ある日友だちはここを通るとき急に小声になって、訳知り顔で言いました。
「このおっきなウチってさあ、どこかの社長の二号さんのウチ。で、こっちの薬局なんてさあ、ここに家族5人が住んでるだよぉ。なんだかなって感じだよね」

その友だちはきっと、まっとうな暮らしをささやかに営んでいる「ごく一般の家庭」に対して、愛人のくせにこんな豪華な家に左団扇で住んでいるなんて理不尽だよね、と言いたかったのだと思います。
私も事情はまったく知らないのに、そうだよね、と無責任にうなずきました。

法の下の平等、はいわゆる「きれいごと」です。
違憲が認められたからといって、実際に解決されることは少ないでしょう。世の中は義理人情で成り立っている部分が多いので。

相続の権利が実子と同等になっても、そう簡単に婚外子が後ろ指をさされるいわれなき差別から免れることはないと思うのです。
少なくとも、やはり結婚しているあいだは外に愛人や子どもを作らない、という道徳上の責務を果たさなくてはいけないと私は思います。


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


結婚に関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。