定年生活.com トップ» 遊ぶ » 納屋で出会った懐かしの品々

納屋で出会った懐かしの品々

2013/10/9  ちかいの魔球 さん

懐かしい本

実家にあった納屋を取り壊すことになったため、納屋の大掃除をしていたら、そのほとんどはガラクタだったが、中には実に懐かしい物もあった。

夢中になって集めていためんこ。
妹が使っていたであろう、セルロイド製の筆箱。
同じくセルロイド製の、私がおもちゃや用具入れとして愛用していた箱。
もうすっかり全体が錆びだらけになってしまった三輪車。

そして、かつて読んでいた少年漫画雑誌の束。

すべてを捨ててしまうのはもったいなく思い、気に入った柄のめんこ数枚と妹の筆箱、私のセルロイド箱、そして漫画雑誌の束も一束、自宅へと持って帰った。三輪車も持って帰りたいと思ったが、さすがに、置き場がない、と妻に反対されてしまったため、持ち帰りは断念し、何枚か写真を撮って、記憶に残すという形で妥協した。

持ち帰ったもののうち、めんこはあえて額に入れて壁に飾ってみた。今の絵にはない風合いが、なかなか和室に似合って面白い。

箱については、とりあえず私の小物を入れるのに使うことにした。
筆箱はもちろん、後日妹に渡すつもりである。

そして何といっても、一番楽しみなのが漫画だ。この漫画本を開くのは何十年振りであろう。内容など、とうの昔に忘れてしまったため、また新鮮な感覚で読めるのではないかと、昔の子供時代の時のようにわくわくした気持ちになった。

漫画雑誌は何度も湿気を吸ったような、紙が波打つようにゆがんだ状態であったため、ダニ対策として虫干しをしっかりとおこなった。そして今、自室でその漫画を少しずつ読んでいる。本閉じ部分の接着剤がはがれてしまっている部分もあるが、読むこと自体には問題ない。

私たちの世代の漫画雑誌というのは、それはもう今から見れば下手な絵が多いし、本そのものもかなり薄っぺらいものだった。だが、話の中身そのものにはやはりその時代ならではの味がある。まず、内容が大変分かりやすい。しかも、内容が分かりやすいといっても、内容が単純、単調というわけでもない。今の漫画にはあまり見られないであろう、家族を題材にした人情ものの漫画も多く、大人の時代さえ過ぎたこの時代に見ても、考えさせられるもの、納得させられるものがあるのだ。

ああ、こんな言葉があったなあ、当時、これを夢中になって読んでいたなあ、などと、当時を懐かしく思い出しながらページを進めていくひと時が、今の私にとって、何よりも充実した余暇の過ごし方である。
この年齢になって漫画ばかり読んで、妻に呆れられるかと思ったが何のことはない、私が読んでいる時は、たいてい妻も隣で私と同じように漫画を読んでいる。しかも、妻も昔の漫画を意外と気に入っているようだ。

古い納屋から出てきた、思わぬ思い出の品。しばらくはこの品に、老後の時間を充実させる手伝いをしてもらおう、と思っている。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る