定年後の生活を楽しもう | シニアの婚活・恋愛に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 結婚 » 亭主関白は褒めて育てよ

亭主関白は褒めて育てよ

2014/8/7  うがい さん

定年後の生活|夫の飼い方
結婚当初から、うちの夫はずっと亭主関白状態でした。

亭主関白と言えば避けたがる人も多いと思いますが、夫の場合は、関白を気取る分、仕事には一切手を抜かず誠実に勤め上げ、ぶっきらぼうながらも子をかわいがってくれる、夫としての責任をしっかりと果たしてくれる人でもあったので、私としては何の不満も無かったのです。

しかし、そんな夫も昨年定年退職をしてから、何だかもぬけの殻のようになってしまいました。

これまで、仕事をして家族を養うことこそが自分の使命、と思っていたところもあるのでしょうが、それがなくなってしまっただけに、これまで仕事に向けていた意欲を、どこに向けていいのか分からないような感じでした。

では、何か少しでもやることがあった方がいいのなら、一緒に家事をやってもらおうか、と思って持ちかけると、そこはやはり関白気質、返事は渋いものでした。

しかし今では、夫は徐々にですが、家事協力をしてくれるようになってきています。

なぜ、夫がそのように変わったのかと言うと、夫に家事を手伝ってもらおうとする際の応対を、私の方から変えてみたのです。

以前は「これを手伝って欲しい」と、夫に対してはあくまで、家事のお手伝いをお願いする、という頼み方だったのですが、この頼み方は、関白気質の夫のプライドを傷つけかねない、まずい頼み方なのだと気付いたのです。

どういう形で家事を頼めばいいか、いろいろ考えていたところ、夫を頼りにしている姿勢を前面に出し、それで夫が家事をしてくれたら、夫を持ち上げてみるようにしてみよう、という結論に達しました。

「ああ、ちょっと私じゃこれをやるのはきついわ、でもお父さんならできるかな。」
「すぐにコツをつかんでやりやすい方法を見つけるなんて、さすがお父さんだね。」
「お父さんは家事をやっても、仕事のような丁寧さがよく出てるね。」
「こんなにきれいにしてくれてありがとう、やっぱりお父さんは頼りになるわ。」

このような感じで接するようにしてみたら、それまで家事の手伝いをさんざん渋っていた夫が、少しずつ手伝ってくれるようになったのです。この方向転換はやって正解だったと思います。亭主関白タイプは、褒めて育てるといい結果に結びつくのですね。

もちろん、夫が以前よりも協力的に家事をやってくれるようになったとは言え、仕事をやっていた頃のやりがいとは、まだまだ比べものにならないでしょう。

それでも夫が今家事を手伝ってくれているのは、おそらくですが、私の作戦を半分見抜きながらも、それにつきあってくれている所もあるのだと思います。

そのことについての感謝を忘れてはいけませんね。それまで長年働いてくれた恩も忘れて、もう退職したのだから夫も家事をして当たり前、というような考えになっていたら、こううまくはいかなかったと思うのです。

本来であればこれまで長年働いてきた分、退職後はもっと休んでもらっても良かったのですから。

さて、今も草刈りをやってくれている夫のために、美味しい和菓子とお茶でも用意しておきましょうか。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


結婚に関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。