定年後の生活を楽しもう | シニアの食事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 食べる » ワンプレートでエコ生活

ワンプレートでエコ生活

2014/11/27  お皿奉行 さん

定年後の生活|食べる
近年は公共料金が値上げラッシュ。電気料金だけでなく、都市ガスの料金もよく見るとジワジワと値上がりしています。収入増がほとんど見込めない年金生活者としては、この値上がりはつらいところです。
値上がりに対抗するにはなるべくエコな生活をおくるくらいしか、自衛手段がありません。

もちろん、我が家は震災以降からすでに、少しでも光熱費を抑えようと考えて、エアコンの前に小さなファンを取り付けて空調の効率を高め、エアコン使用を節約してみたり、冬場は大きなホットカーペットをできるだけ使わず、一人用のミニカーペットを各自必要に応じて使うなど、いろいろと工夫をしてみました。

しかしそれでも、震災以前から、ある程度の節約は意識していただけに、これだけでは値上げ分をカバーできるほどには使用量を減らせませんでした。

そこでさらに節約をするために、最近の食事はなるべく、仕切りのついたお皿にすべてのおかずを盛りつける「ワンプレート」を実践するようにしています。

我が家のワンプレート皿は3種類のおかずが盛り付けられるタイプのものですが、これを夫婦で使えば、おかず3品でこれまで6つの食器が必要となっていたところが、たったの2枚で済むようになるという状態になります。そうすれば自然と、食器洗いの際の水道代や、ガス代なども節約できると考えたのです。

朝は、トースト、目玉焼き、トマトとバナナをワンプレートに乗せ、あとは牛乳を添えるだけです。
昼は、おかず2品とごはんをワンプレートに盛り付け、スープだけを別添えにします。
そして夕食は、おかず3品をワンプレートに盛り付け、味噌汁とご飯を別添えにします。

こうすることで、毎日の食器洗いが格段に楽になりました。食事のあとはプレートを新聞紙で軽くぬぐうと、洗剤の使用量もごく少量で大丈夫になります。
ワンプレートと言うと、「どこかで外食した際の格安ランチのスタイル」だと思っていたのですが、慣れればそんなことも気にならず、むしろ夕食などは「必ずおかずを3品作ってプレートを埋めなければ」という意識が働いて、以前の食事よりもバランスが良くなったのではないか、という気さえします。

不満があるとすれば、ワンプレート皿はどうしてああも洋風のデザインのものばかりなのか、という点ですね。もっと和食にも合う、和風の柄のものがあればいいのに、と思います。和風の、いいワンプレート皿が見つかれば、万々歳の気分なのですが。

また、節約と言えば、洗いものを減らすと言うだけでなく、調理の面でも少し工夫するようになりました。
たとえば、ご飯を炊く際は、蒸し料理やゆで卵なども同時に炊飯器で作るようになりました。これもまた、光熱費の節約に役立っていると思います。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


食べるに関する特集・投稿リストへ

 

トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。