定年後の生活を楽しもう | 定年後の仕事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 働く » 微笑みがえし

微笑みがえし

2014/4/4  やさしい悪魔 さん

春|新人
初出社の日はブルーだった。

働かなくちゃならないのか、イヤだなあ。どこに赴任するんだろう、東京だったら地方に残してきた彼女と会えなくなるな。

丸ノ内の本社で入社式があるので、池袋に出て丸ノ内線に乗った。満員電車が嫌いだから、わざわざ地方の大学に行ったのに、また混んだ電車か。

研修用の着替えなどを詰め込んだ重いバッグを網棚に乗せ、ため息をつきながらつり革につかまって、電車に揺られていた。

着慣れない背広、不安定な気持ち・・・新人オーラが全開だったのだろう。

すると、新人オーラを見透かすように、隣に立っていた元気そうなオジサンが明るく話しかけてきた。

「君は新入社員かね。」

鬱陶しい社会人の初日なのに、なんでこんなオヤジに話しかけられるのか。

「ええ、まあ」、オジサンの方に少し首を回し曖昧に答える。

「私の息子は今日○○銀行に入ったんだ。」

ずいぶん嬉しそうな口調だ。

俺はもっと大きな銀行に入ったけれど、全然嬉しくないよ。

「そうですか。」

木で鼻をくくったとしか言いようがない私の態度に呆れたのか、それ以上オジサンは話しかけてこなかった。

もう、36年も前の話。キャンディーズが解散したころだ。


それから何年かして結婚し、二人の男子を育てた。

長男は順調だったが次男は就活に苦戦して、なかなか決まらなかった。

そして、やっとある会社に決まった時、私は素直に嬉しかった。

肩の荷が下りた気分を、生まれて初めて味わうことができた。

次男の初出社の日もホッとするのと同時に、開放感に包まれるような嬉しさを感じた。

36年前の私には、残念ながらわからなかったが、今ならあのオジサンの気持ちが本当によくわかる。

あのオジサンは、とてもとても、踊るように嬉しかったのだ。

微笑みを返してあげればよかった。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


働くに関する特集・投稿リストへ

 

トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。