定年生活.com トップ» 遊ぶ » 凧揚げ・・・「雷電号」のこと

凧揚げ・・・「雷電号」のこと

2014/1/3  花壇 さん

定年生活|思い出

お正月といえば、凧揚げ。

小さいころは冬の休耕田で、凧揚げをしたものである。

20年ほど前、転勤で北の街に住んでいたころのこと。

とある休日、社宅前の大学グラウンドには冬の陽が柔らかく射し、強めの風が吹いていた。

珍しく良い天気で、風も凧揚げ向きのコンディション。

よし、凧揚げをしよう。

小さいころの、点になるくらい高く揚がった凧が頭にうかんだ。

小学生だった子供たちを誘い、近くのおもちゃ屋まで行ってみたのだが、肝心の凧がなぜか置いていない。

やむなく車に乗って、郊外にある大型店にわざわざ行ったのだが・・・。

こちらがイメージしているのは、駄菓子屋に吊るされていた、糸をつければそのまま遊べる紙の凧。

エイトマンやアトムの絵が書いてあって200円くらいで買えるやつ。

しかし、そんな品物は置いておらず、何千円かする高級そうなものばかり。

仕方ないので少し高いのを買って子供と家に戻り、さあ揚げようと思ったが、組み立てなければ使えないのだ。

それではということで、なんとか組み立ててみた。

ビニール製の大きなコウモリみたいな凧で、両手で操縦する複雑な形。

そんなものは必要ないのに・・・。悪戦苦闘したお陰で頭が痛くなった。

気を取り直し、休みで空いているグラウンドに子供と不法侵入して、さあ揚げるぞと頑張ったのだが、今度は操縦が難しい。

少しは揚がるのだが、弧を描いて直ぐにストンと落ちてしまう。

一回落ち、二回落ち、三回目に弧を描き冷たく乾いた地面にぶつかった時、なんたることか、高級凧が壊れてしまったではないか。

あーあ。

さすがに気落ちしていたら、次男が「学校で作った凧があるよ」と言って、走って取りに行く。

暫くするとグラウンドの端から、次男が凧を引っ張りながら後ろを振り返りつつ、トコトコ走って来た。

四年生でまだまだ可愛いころのことである。

その凧は、残念ながら高く揚がらない。

次男が走ると申し訳程度に2メートルくらい揚がるので引っ張るように見えたのである。

でも、凧には変わりない。我々には救世主だった。

そして、凧を引っ張ってきた次男も救世主だった。

次男は凧に「雷電号」と名前をつけていて、私と長男と次男は、何度か「雷電号」を引っ張りながら遊んだ。

2メートルしか揚がらなかったが、教材用の小さな「雷電号」のお陰で、北の街での凧揚げは今でも心に焼きついている。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る