定年後の生活を楽しもう | 定年退職後の資格取得・勉強に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 学ぶ » シニア必読 喪主挨拶について

シニア必読 喪主挨拶について

2014/2/3 

寒い時期は、亡くなる方が多いですね。

お葬式は慣れないものですが、喪主の挨拶も、親族が亡くなってから突然に直面することになります。

いざという時のために、今回は喪主挨拶について、お話ししたいと思います。

定年後の生活

誰が喪主挨拶をするのか


基本的には喪主が挨拶をするのですが、例外は意外に多く見受けられます。

たとえば、お爺さんが亡くなったが、喪主のお婆さんは高齢で、やっとのことで参列しているような場合があります。

こんな時は、親族の中で挨拶に慣れている人(子供、女系家族の場合は娘婿)が喪主挨拶をしていました。

また、60歳前の若さでご主人が亡くなった際に、喪主の奥様が挨拶できる雰囲気ではなく、若い長男が喪主挨拶を務めていました。

上の例で子供がまだ小さいならば、喪主の兄弟などもあり得るでしょう。

定年後|お葬式

挨拶のタイミング


斎場の進行役が教えてくれますので、あまり気にすることはありませんが、タイミングは二つのパターンが見られます。

ひとつは、葬儀(読経・親族の焼香)が済んで告別式(会葬者焼香)となり、棺への献花と釘打ちの儀が終わってから、その場で喪主挨拶をします。

もうひとつは棺が搬出され、霊柩車に納めてから、出棺時の挨拶をするというものです。

喪主挨拶

挨拶の例


挨拶の例は以下の通りですが、形式的にならず、心がこもっていることが大切です。

<導入、御礼>

親族を代表いたしまして、ひと言ご挨拶させていただきます。

本日は、お忙しいところご会葬賜り、誠にありがとうございました。

皆様にご列席賜り、父もさぞかし喜んでいることと思います。

<故人のこと>

父は◯◯年に生まれ、・・・中略・・・、家族に看取られながら△△年の生涯に幕を閉じました。

穏やかで眠るような旅立ちでした。

<会葬者への御礼>

本日ご会葬いただいた皆様をはじめ、多くの方々に温かく接していただき、幸せな晩年を送ることができました。

父が生前賜りましたご厚情に対し心から御礼申し上げます。

<今後のお願い、結び>

ここに居ります母にとっては最愛の夫を、我々にとっては親愛なる父親を失うことになります。

引き続き、皆様からのご厚誼を賜りますよう、お願い申しあげます。

本日は、誠にありがとうございました。

定年後の生活|お葬式

挨拶のポイント


以下のポイントに沿っていればシンプルでも大丈夫、時間的には3分くらいがよろしいでしょう。

1.足を運んでくださったことへの御礼
2.故人のエピソードなど(幼少時のこと、好きだったこと、微笑ましい話などを交えると話に厚みが出ます。)
3.生前のご厚情への御礼
4.今後のご厚誼、結び

言葉づかいに気を遣い過ぎないように。丁寧すぎても不自然です。

繰り返しになりますが、心がこもっていることが大切です。

お葬式

気をつけたいこと


× 会社のトップが参列しているような場合、喪主が気を遣いすぎて、なんの挨拶だかわからないようなことになってはいけません。

× どうも兄弟がモメていて「急に亡くなったのは、姉が海外に連れて行ったからだ」みたいな挨拶は、聞き苦しく思います。

× 喪主が挨拶を求められた時に、正座のために足が痺れていて転んでしまったことがあります。

最後は気の毒な例ですが、どんな状況で挨拶するのか把握して、対応を考えておきたいですね。

いかがでしたでしょうか。 皆様のご参考になれば、幸いです。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


学ぶに関する特集・投稿リストへ

 

トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。