定年後の生活を楽しもう | 定年後の趣味に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 遊ぶ » シニアエイジによるデジタルカメラの楽しみ方(1)   大和 淳

シニアエイジによるデジタルカメラの楽しみ方(1)   大和 淳

2011/7/11 

定年退職後のシニア|デジタルカメラの楽しみ方今回から3回シリーズで、シニアエイジのデジタルカメラの楽しみ方について連載します。講師はライターの大和淳さんです。

 

第1回 多彩なデジタルカメラの選び方


定年退職後のシニア|デジタルカメラの楽しみ方定年をきっかけに写真撮影を趣味にして過ごす方は、フィルムカメラの時代から数多くおりました。現在ではデジタルカメラが主流なのですが、老後の余暇の過ごし方として、写真を撮影しに旅に出る人もたくさんおられます。
たとえ、メディアがデジタルになっていても、写真の奥深さに違いはなく、撮影していくうちに、その虜になってしまうでしょう。ならば、現代の写真の楽しみ方には、どのようなことがあるのでしょうか? それを3回にわけて説明していきましょう。
最初は、趣味の写真を始める上での必要不可欠なアイテム、デジタルカメラについてです。

 

今時のデジタルカメラ事情

今や、家電量販店やカメラ屋に行けば、多数のデジタルカメラを見ることができます。デザイン、大きさ、機能、価格など、それこそ多彩なのですが、半面、自分にはどのようなものが向いているのか、最初の1台をどれにすればよいのか、迷いがちなところがあります。
そこで、それらのデジタルカメラを大きく3種類に分け、それぞれの特徴を解説します。あたなにいちばん合ったカメラを、その中から選んで、楽しいカメラライフをお過ごしください。
 
1.手軽に撮影したい人には低価格のコンパクトデジタルカメラ
定年退職後のシニア|デジタルカメラの楽しみ方 たとえば、旅行とか散歩がメイン、あるいは、絵日記のように日々の行動を記録するのであれば、コンパクトデジタルカメラがお勧めです。すべてカメラ任せで撮影できるのがひとつ、小型軽量であることも見逃せません。スボンやジャケットのポケットに入ってしまうくらいの小型機種もあるのです。気が向いたときに、風景を撮影するなどの場合、軽量であることが威力を発揮します。
ただし、最近のデジカメは、低価格と侮ってはいけません。A3サイズの用紙ならきれいに印刷できるだけの性能を持っているのがほとんどです。
 
2.写真に興味を持ち始めた人には、上位のコンパクト機または低価格の一眼レフ
定年退職後のシニア|デジタルカメラの楽しみ方 写真やカメラに興味を持ち始めた人なら、上位のコンパクト機、あるいは同じ価格帯に存在するデジタル一眼レフがよいでしょう。撮影そのものを楽しむことができます。
このくらいになると、カメラの操作自体に興味がある人、目的を持って撮影する人などが、満足感を得られる機種が揃っています。特にデジタル一眼レフは、比較的軽い機種が揃っているため、持ち運びの負担を強いることがありません。また、カメラの設定を操作することにより、自分の意図した効果を得られるデジカメが、このクラスであるともいえるでしょう。

3.本格的に写真を勉強したい人は高級機
定年後の生活|デジタルカメラの楽しみ方 もしも、あなたが趣味として、写真を本気で勉強するのであれば、迷わず「高級機」といわれる上位機種の購入をお勧めします。このレベルになると、写真をデータとして保存するだけでなく、写真を「作品」として撮影し、人に見せ、時にはコンテストを通じて同じ趣味の人とふれあうところまであり得ます。このようなハイレベルにも対応するのが、このクラスです。
初めての1台に、実売価格50万円以上の高級機を購入するのには、勇気が要りますが、撮影する技術が向上しても、それに応えることができる、いわば、「生涯をともにする1台」を選択し、その性能を使い切るという選択肢は十分考えられます。(第2回に続く)


この連載の第2回を読む

この連載の第3回を読む



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


遊びに関する特集・投稿を読む
 

トップページに戻る

  


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。