定年生活.com トップ» 学ぶ » 世相を斬る!(34)あきれた“原子力ムラ”の感覚

世相を斬る!(34)あきれた“原子力ムラ”の感覚

2012/6/8  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
先ごろ新聞報道で、独立行政法人日本原子力研究開発機構のホームページの記述が、世間の感覚から見ておかしいという批判を浴び、急きょ削除されたことが伝えられました。
日本原子力研究開発機構といえば、原子力に関する専門家集団であり、日本における原子力開発をリードしてきた機関です。

新聞によると、削除された記述というのは、放射能、放射線、放射性物質の違いを、分かりやすく言い換えた部分です。
その内容は「奥さんの怒鳴り声が『放射線』、怒鳴り声を上げてしまうような奥さんの興奮している状態が『放射能』、怒って興奮している奥さんそのものが『放射性物質』」というものです。

いくら分かりやすい解説、といっても、これでは、世の中の奥様方のほうが怒鳴ってしまうに違いありません。
もう少し常識的な解説の方法がいくらでもあるはずです。
教科書などで使われるのは、電球と光線に例えて、放射能と放射線の関係を説明する言い換えなどです。

また、同じ日本原子力研究開発機構のホームページでは、こんな文章も批判を浴び、削除されたようです。
「社会調査によると、女性は男性に比べて、原子力の技術的な情報に対する理解度や満足度が低いことが分かっています」。
この記述も断定的であり、差別意識を露骨に表わしているようです。

これらの記述について、日本原子力研究開発機構では「地域の女性らとともに始めた活動の中で考えた表現」であり、女性の理解度に関する記事は「首都圏の住民を対象に行った理解度調査に基づくもの」としています。

問題は、そうした調査方法などではなく、記事そのものが、世間の感覚から見て、おかしいと感じないのか、という点です。
しかも、ホームページでそれを公開すると言う感覚は、一般の常識から相当ずれているといわざるを得ません。

少し飛躍するかもしれませんが、現在、原子力が、国民から厳しい批判を浴びているのも、原子力関係者が、一種のムラ社会を作り、国民から乖離したところで、原子力の開発、推進を行ってきたことと無関係ではないように感じます。
“原子力ムラの常識”は世間の非常識であることを認識しなければなりません。
それと同時に、それを許してきた政治、行政機構にも大きな責任があります。
原子力の見直しを迫られている現在、“原子力ムラ”そのものにも改革が求められます。

世相を斬る!

(32)電気料金値上げ構造にメスを

(33)嘆かわしい若者の安定志向

(35)行過ぎた政府の省エネ要請

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る