定年生活.com トップ» 学ぶ » 世相を斬る!(40)いじめ頻発、もう一つの背景

世相を斬る!(40)いじめ頻発、もう一つの背景

2012/7/20  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
最近、子供のいじめが頻発し、大きな社会問題になっています。
大津市の中学2年の男子生徒の自殺では、滋賀県警察本部が暴行容疑などで、市の教育委員会や学校を捜索し、捜査に乗り出しています。
また、三重県津市の小学校では、女子児童がいじめを受け、問題の対応をしていた学校長が、自殺をしたことが報じられました。

新聞報道では、大津市の学校側の対応の遅れや、いじめを見落としていた学校側、報告を受けた市の教育委員会のずさんな対応などが批判されています。
確かに、学校長が、「いじめの認識がなく、けんかと判断した」などと語っていることなどから、教師の事なかれ主義、責任放棄の姿勢などがはっきり読み取れます。
市の教育委員会でも、報告を受けながら、それに対する委員の質疑や意見がまったくなく、教育に対するチェック機能が果たされていない実態も明らかになっています。

こうした、教育現場である学校側、それをチェックする立場にある教育委員会が何の役割も果たさない怠慢さには、驚きを通り越してあきれ果ててしまいます。

第一義的に責められるべきは、まず学校側であり、教育委員会であることは言うまでもありません。
それともう一つ、ややもすれば見過されがちなのが、家庭における子供への接し方、子供のしつけではないでしょうか。

最近の親御さんは、子供の教育というと、学校、教師まかせ、塾まかせが実情でしょう。
これは、過保護の裏返しであり、体のいい放任だと思われます。
もちろん、中には、厳しいしつけ、強くやさしい心の教育に意を砕いておられるご家庭もあります。
しかし、受験勉強一辺倒の教育環境、大半が共働き家庭の現状を見るにつれ、本来成長過程にある子供が、最も影響を受けるべき両親の愛情としつけとを、十分に受けられていない、そうした点を危惧せずにいられません。

シニア世代の皆さん、皆さんが子供の頃、いじめがあったでしょうか。
いじめが新聞で大きく報道され、警察の介入を招いたことなどあったでしょうか。
私たちの子供の頃は、確かに貧しく、両親は食べるために精一杯働いていました。
しかし、「人に迷惑をかけるな」「うそをつくな」「弱いものを助けろ」等々、親から教えられたことは多いはずです。
学校では、ルールを守らない子供たちに教師は、体罰さえ与えました。子供同士の遊びの中で、子供たちは自然に相手へのいたわり、思いやりを身につけていきました。

いじめの問題は、子供の問題というより、親自身あるいは私たち自身の問題かもしれません。

世相を斬る!

(38)小沢氏らの除名、やむを得ぬ

(39)見過せぬ公共事業の復活

(41)シニアは利用しますか? ネットスーパー

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る