定年生活.com トップ» 暮らす » 世相を斬る!(41)シニアは利用しますか? ネットスーパー

世相を斬る!(41)シニアは利用しますか? ネットスーパー

2012/7/27  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
最近、ネットスーパーが大はやりです。
スーパーだけでなく、コンビニ会社、大手商社、通信会社などが、相次いでこの分野に進出しています。
共働きなどの若い世代だけでなく、シニアから、さらにはシルバーなどの高齢者まで、幅広い層を顧客として取り込もうという戦略です。
とくに大手商社などは、インターネットに不慣れなシニア、シルバーなどをそのターゲットとして捉えているようです。
しかし、このネットスーパーは、便利な半面、シニアにとって、さまざまな問題点も含んでいるようです。

ネットスーパー、いわゆるインターネットでスーパーのお買い物が出来るという、便利さを売り物にしたこのショッピング商法は、登場してからまだ日も浅いのですが、この2、3年急速に普及しているようです。
民間調査会社によると、ネットスーパーの市場規模は、2011年度で約720億円と見られており、2008年度に比べて3倍強の伸び率です。わずか3年間でこれだけの伸びですから、利用者はかなり多いことが分かります。

大手スーパー、商社などでは、利用者の層をさらに広げようと、テレビで簡単に食料品などの品目を注文できる専用端末を無料で貸し出し、パソコンなどをあまり利用したことのないシニア、シルバー層に、ネットスーパーを普及させたい考えといいます。

確かに、ネットスーパーは、居ながらにしてお買い物ができ、注文すれば、即日或は1~2日で配送してくれるという点で、便利であることは間違いありません。
しかし、これまで、ネットスーパーは、仕事で忙しい若い世代や、買い物の時間的余裕の少ない共働きの家庭を中心に普及してきたようです。
しかし、シニアやシルバー世代は、時間的余裕は十分にあり、しかも、健康な人たちが増えています。シルバーといっても、80代、90代でも元気なお年寄りはたくさんいます。
ネットスーパーより、実際のお店に行くことをお買い物の楽しみと考えている人たちは多いはずです。
とくに、生鮮食料品は、実際に目で見て、鮮度などを確かめることが大切です。

さらに見逃せないのは、ネットスーパーの場合、梱包、配送料の費用がかかる点です。
1件当たり配送料は100円~500円程度といわれ、5000円以上のお買い物の場合、無料というケースが多いようです。
年金暮らしのシニア、シルバー世代にとって、こうした配送料の負担は決して小さくありません。

インターネットによる便利な社会は歓迎しますが、健康なシニア、シルバーの方々は、自分でお店に行き、品物を選ぶことも楽しみの一つではないでしょうか。

世相を斬る!

(39)見過せぬ公共事業の復活

(40)いじめ頻発、もう一つの背景

(42)北島康介選手の健闘を称える

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る