定年生活.com トップ» 学ぶ » 世相を斬る!(45)竹島問題、日本は大人の対応を

世相を斬る!(45)竹島問題、日本は大人の対応を

2012/8/24  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
竹島の領有権をめぐる日韓の対立が、エスカレートしています。
李明博大統領の竹島上陸が、問題の発端であり、これに対して日本は厳しく抗議するとともに、国際司法裁判所への単独提訴も辞さない構えです。
野田首相の大統領宛親書についても、韓国側をそれを送り返すと言う非礼な態度を示し、日本政府は、新たな対抗措置も検討しています。
国内の一部には、野田首相自ら竹島に上陸すべきだ、と言う意見すら聞かれます。

こうなっては、まさに子供のけんかです。
今のところ、政府は「この問題には毅然とした態度をとり、国際社会に、韓国の不当性を訴えていく」方針を示しています。
子供じみた韓国のやり方に対して、日本はむしろ大人の対応で、冷静な姿勢を示すことが、国際社会の評価を受けられると思われます。

李大統領の唐突な竹島上陸は、実兄や側近の不祥事で政権末期の支持率低迷を、何とか挽回したいという政治的パフォーマンス、というのが、韓国内でも一般的のようです。
また、天皇の韓国訪問に対し「来たかったら、心から韓国民にわびるべきだ」と言う発言は、日本人の神経を逆なでするものといえます。
私たち日本人として、李大統領の発言を許すわけには行きませんが、だからと言って何らかの行動に出ることは抑えるべきでしょう。

韓国内でも、大統領の言動は、国家元首としてふさわしいかどうか、疑問である、と言う声が上がっています。
当然のことでしょう。韓国の野党からは「日本の対抗措置が具体化すれば、韓国自身の国益を損なう」と言う意見も聞かれます。

日本としては、ここは、冷静な対応を示し、韓国国民を刺激することは避けなければなりません。
ロンドン五輪のサッカー3位決定戦で、韓国選手がボードを掲げて「独島(竹島)は我々の領土である」とPRしたことは、オリンピック憲章に反するばかりか、国際的にもひんしゅくを買いました。

国際的なルールを守り、国際世論を背景として、日本の主張を貫くことが、何より求められていると思われます。

世相を斬る!

(43)消費増税法案成立に思う

(44)性急な原発ゼロより、漸減を

(46)被災地復興予算の疑問

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る