定年生活.com トップ» 働く » 世相を斬る!(47)手放しで喜べぬ継続雇用法

世相を斬る!(47)手放しで喜べぬ継続雇用法

2012/9/7  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
先ごろ、高年齢者雇用安定法改正案、いわゆる継続雇用法が成立しました。
60歳の定年後も、希望者はその会社ないしグループ子会社などに65歳まで継続雇用される、と言う内容です。

シニアにとっては、歓迎すべき法律には違いありませんが、手放しで喜ぶわけにはいきません。
と言うのも、定年が65歳まで延長されるわけではなく、年金受給開始年齢に合わせ、3年ごとに定年が1歳ずつ延びるにすぎないからです。
しかも、企業としては、人件費を増やすわけにはいきませんので、継続雇用されるシニアの給料は大幅にダウンする見通しです。
また、継続雇用に際してさまざまな条件がつく可能性もあるようです。

厚生年金の受給開始年齢は、来年4月から段階的に引き上げられ、2025年には65歳となります。
その間、現在の企業の定年年齢60歳からすると、定年でリタイアした人たちは、厚生年金も給料も受け取れないという事態が生じます。
そうした事態を避けようというのが、今回成立した継続雇用法の目的で、厚生年金の受給開始年齢にあわせ、企業に継続雇用を義務付けると言う内容です。

とはいえ、現在の厳しい不況下では、企業にとっては、定年後の継続雇用は大きな負担となります。
もちろん現在も、再雇用を実施している企業は多いのですが、大部分は経営に余力のある大企業です。
それでも、定年後の再雇用では、給料が2分の1、あるいは3分の1にダウンするところが多いようです。
また、シニアの再雇用は、若い人たちの職場や給料の圧迫要因にもなりかねません。
現に、中小企業の間では、「シニアの再雇用が義務付けられると、新規採用者の人数を絞らざるを得ない」と言う声も聞かれます。

それでも、再雇用されるシニアの人はまだ良いのですが、継続雇用あるいは再雇用にあたっては、企業が厳しい条件をつけることが予想されます。
現在も健康状態や出勤率、勤務態度などを条件付ける企業は多いのですが、業績評価を条件とする企業も増えそうです。

つまり、現役時代の業績が、定年後の再雇用あるいは収入に大きく影響するというわけです。
“ハッピーリタイアで悠々自適”というわけにはいかないようです。

世相を斬る!

(45)竹島問題、日本は大人の対応を

(46)被災地復興予算の疑問

(48)あきれた学校、自治体の“いじめ対策”

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る