定年生活.com トップ» 暮らす » 2世帯住宅プラス「0.5世帯」

2世帯住宅プラス「0.5世帯」

2012/9/26  ニコニコ家族 さん

定年後の生活
「2世帯住宅」という言葉を流行らせたのは旭化成ホームズらしいんですが、その旭化成ホームズが「2.5世帯住宅」を発表しました。

増えた「0.5世帯」分は何かというと、“未婚の子供”だそうです。

旭化成ホームズの例では、親世帯と子世帯に兄弟・姉妹も一緒に暮らす新しいスタイルです。

お父さんにお母さん、長男夫婦と孫のいる家に、お嫁に行っていない独身の長女(37歳)が一緒に暮らすというものです。

お嫁さんからすれば姑と小姑のいる家なわけで、「この組み合わせで、うまくやっていけるのだろうか・・・」と心配になってしまった私ですが、旭化成ホームズが大々的に売り出しているところをみると、良い悪いは別としてこういう家族構成が増えているということなのでしょう。

◆現代の住宅事情

「2.5世帯住宅」が生み出された背景には、平均結婚年齢が年々上昇しており、さらに未婚率も上がって、非婚化・晩婚化が進んでいるという実態があります。

ただ、旭化成ホームズも私と同じような取り越し苦労をしたのではないでしょうか!?

「2世帯住宅」を売り出すときに、玄関・キッチン・浴室・トイレなどを完全に分離させて建てたように、「2.5世帯住宅」も「0.5世帯」部分は完全に分離したマンションの一室のように設計されています。

余裕のあるご家庭なら、3階建てにして、1階に老夫婦、2階に若夫婦、3階は独身の長女という設計でもいいかもしれませんね。

◆2.5世帯住宅のメリット

何かとギスギスしやすい嫁と姑の関係、長男(嫁の夫)が確執を見て見ぬフリするタイプだと、嫁がブチキレて結婚生活があやうくなることがあります。

このとき、独身の長女がお嫁さんの味方になって母親に意見してくれるタイプなら、人間関係が円滑になることも考えられます。

超高齢化の現代、両親の介護が必要になったときに、普通はお嫁さんの負担が増しますが、実の娘がいることで負担を減らすことができるのではないでしょうか。

また、長女が働いていれば、金銭的な負担を減らすこともできるかもしれませんし。円満に暮らしていけるのであれば、人手は多い方がいいです。

長女も実家で暮らせば、一人暮らしをするより何かと安くすみますし、病気のときなどは家族を頼ることもできて安心でしょう。

どんな人間関係も、顔つき合わせて暮らしていると不満が出ます。間取りを分けて、生活空間を別にすることにより暮らしやすくなります。

「2.5世帯住宅」に決める場合は家族でよく話し合って、暮らしやすい間取りを考えることが重要だと思います。

関連する特集記事

⇒ いまどき同居事情

⇒ 続・いまどき同居事情

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る