定年生活.com トップ» 働く » 世相を斬る!(49)ニートの増加を憂う

世相を斬る!(49)ニートの増加を憂う

2012/9/21  臥龍 さん

オピニオン|世相を斬る
ニートという言葉が広まったのは、最近のことではないでしょうか。
就職も進学もしない若者の意味で、英語の「Not in Education,Employment or Training」の頭文字をとった言葉です。

厳しい雇用環境が背景にあることは間違いありませんが、大学新卒者にもニートが増えています。
ニートの増加は、日本の産業・経済を支える労働力の量と質の両面からの低下を招き、生活保護受給者の増大に拍車をかけることになりかねません。
憂うべき事態です。

文部科学省は、このほど行った学校基本調査で、初めて大学新卒者の詳しい実態を調べました。
それによると、今春の大学卒業者は約56万人で、そのうち就職した人は35万7000人。就職率は64%にとどまりました。
残りは、契約・派遣社員、アルバイトのほか、大学院などに進学した人もいますが、新卒者の約16%に相当する約8万7000人が進学も就職もしていないことが分かりました。

調査では、約8万7000人をさらに調べたところ、就職や進学に向け、何らかの準備をしている人は約5万3000人、残り約3万4000人は、どちらの活動もしていない、いわゆるニートと呼ばれる人たち、ということが分かりました。

ニートは全国に約60万人いるといわれ、その多くは、高卒者や学校中退者とみられていました。
しかし、今回の調査では、大学の新卒者でも3万人以上のニートがいることが明らかになったわけです。

就職の門戸は年々厳しくなっており、高卒、大卒とも、仕事に就けない人が増えています。
それでも、再チャレンジをめざして、進学、就職活動を始めている人は少なくありません。
しかし、ニートは、そうした活動をせず、したがって収入もなく、多くは親と同居している若者のようです。
結婚や子育てが困難で、いずれ生活保護受給者になるとみられます。

ニートの増大に歯止めをかけ、若者を就職、進学に向かわせるため、企業、自治体などが一体となった研修制度など、ニートの後押し制度を整備する必要があるように思われます。

世相を斬る!

(47)手放しで喜べぬ継続雇用法

(48)あきれた学校、自治体の“いじめ対策”

(50)ワーキングプアの生活保護受給見直しを

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る