定年後の生活を楽しもう | 定年後の健康に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 健康 » あるシニアの一週間

あるシニアの一週間

2014/4/16  スライサー さん

定年後|ゴルフ
毎週2回、下手なゴルフをしている。

土曜日に家の近くで回り、日曜日に家から1時間くらいのコースでプレーする。

ところが、暫く前までは何でもなかったのだが、最近は疲れてしまって月曜日がつらい。

会社に行って仕事をするのは大して苦にならなのだが、お昼ご飯を食べた後、猛烈な睡魔に襲われるのである。

この睡魔と格闘するのがつらい。実につらい。

そして時々は睡魔に負けてしまい、知らないうちに舟を漕いでいるのだ。

パソコンのマウスを握ったまま、固まってしまうことがある。

そのマウスを我知らず机に叩きつけて、ガシャンと音を立てたこともある。

会社では大して偉くないのだが、示しがつかないのは事実であり、さすがに恥ずかしい。

定年間近のダメオヤジというところだ。反省してます。


ところで体は正直なものだとつくづく思う。

疲れ果てている日曜日の夜は、なんとか頑張って大河ドラマを見るのがやっと。

終わったら直ぐに寝てしまい、夜中にトイレに起きる以外は6時くらいまでぐっすり眠ることができる。

朝の電車は座れるので、月曜日の朝の電車では、まさに熟睡である。駅から会社まで歩く時も、心神喪失状態でぐったりしている。

火曜日も疲れているが月曜日より少し改善した感じで過ごし、水曜日からは体力がどんどん回復して、毎朝5時くらいに目が覚めてしまう。

よって、週の後半は早起きして庭でゴルフの練習をする。健康的である。

電車の中でも、水曜日以降は適度に寝る程度。駅から会社までは、元気に歩く。

そして土曜日は超元気! まるで遠足に行く子供みたいに4時ごろに目が覚めてしまう。

自然に目が覚めるのではない、嬉しくて目が覚めるのである。

日曜日の朝は、土曜日の疲れが残っているものの、ゴルフに行けるから5時には起きられる。

そして、日曜日の夕方には疲労困憊してフラフラになって帰宅するのだ。

こうして一週間が過ぎていく。

しかし、考えてみれば、体力回復のために会社に通っているみたいだ。

ごめんなさい。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


健康に関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。