定年生活.com トップ» 働く » シニアの声(23)あなたは会社を告発しますか?

シニアの声(23)あなたは会社を告発しますか?

2013/3/15  かざぐるま さん

定年後の生活
会社の不祥事を内部告発するサラリーマンの割合が増えているようです。
民間調査会社が先ごろ、サラリーマンに対するアンケート調査結果をまとめましたが、それによると、2003年に行った前回調査に比べ、「不祥事を知った場合、告発する」と答えた人の割合は、前回より7・3ポイント増え、53.3%の人が「告発する」としています。サラリーマンの半数の人が、告発の意思を持っているといえます。
ただ、年代別では、30歳代が最も多く、40~60歳代のいわゆるシニア層になると、3割程度に減少します。

この調査では、不祥事を内部告発する場合、「告発する」「匿名でなら告発する」に分けてアンケートしており、内訳は「告発する」が13.3%、「匿名でなら告発する」が40.0%となっています。
「告発しない」は「会社への裏切り行為になるから」「告発することで不利な立場になる」「匿名でも、いずれ分かるから」などが理由としてあげられています。

内部告発の内容は、「不正な経理操作」「業務・品質データの偽造・偽装」「インサイダー取引」が多く、「セクハラ・パワハラ」「個人情報の流出・漏洩」などが続いています。

告発先は、監督官庁、警察、検察、公正取引委員会などが多いようです。
内部告発した人が解雇など、不利益な取り扱いを受けないよう公益通報者保護法が制定されていますが、「機能している」と答えた人は、3.7%に過ぎません。

会社の不祥事を内部告発することは、シニアにとっては非常に難しいことです。
この調査では、サラリーマンの半数の人がその意思を持っているようですが、シニア層では、3割にダウンします。
とくにシニアの場合、「長年お世話になった会社を裏切ることはできない」という、会社への忠誠心が大きいようです。
また、厳しい雇用環境の中で、「定年まで、平穏に過ごしたい」という人も多いようです。

企業は社会的存在であり、内部告発は、不祥事の防止、根絶のために有効な方法であることは間違いありません。
恐らく、若い年代層の人たちは、今後とも不祥事に対して厳しい姿勢で臨むことでしょう。
ただ、シニアともなると、自分だけの判断で、行動に出るわけにはいかないようです。
家族、同僚、会社、取引先など、さまざま関係者に思いをめぐらさざると得ません。

シニアの声

(21)「道徳」の教科化は必要か

(22)シニアの再雇用・再就職の心得

(24)骨抜きにされる電力改革案

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る