定年生活.com トップ» 働く » シニアの声(26)夢のない若者たち

シニアの声(26)夢のない若者たち

2013/4/5  かざぐるま さん

定年後の生活
最近の若者たちは「内向き」「安定志向」といわれますが、このほど行われた高校生のアンケート調査でも、そうした傾向がより鮮明に表れているようです。

財団法人「日本青少年研究所」が日本、米国、中国、韓国の4カ国の高校生を対象に行った調査結果によると、高校生が希望する仕事のトップは、米国では「医師」が30%、中国では「企業家」が31%、韓国では「建築家・デザイナー」が30%となっています。
それに対して日本は「公務員」が20%と希望職業の第一位です。
二番目も「教師」の18%が続いています。

職業に貴賎や差別はありませんが、日本の高校生のこうした職業志向を見ると、チャレンジ精神に乏しく、夢のない将来図を描いていることがうかがえます。
中国や韓国の著しい経済成長ぶりを見ると、若者たちの旺盛な上昇志向がその原動力になっているのではないかと思えます。

逆に考えると、日本経済の近年の停滞や、格差の広がりなどの社会の閉塞感、若者の雇用環境の厳しさ等々が、若者の思考を縮みこませているのかもしれません。
かつて、企業戦士として日本の産業、社会を支えた現在のシニアたちの若い頃はいかがだったでしょうか。
家庭を忘れ、仕事に明け暮れた日々を過ごした人たちも多かったのではないでしょうか。

そのよしあしは別として、シニアの多くの人たちには、会社を良くしたい、暮らしを豊かにしたい、といった上昇志向が仕事のばねとなっていたような気がします。

「立身出世」という言葉は、今の日本では死語にさえなっていますが、中国、韓国の高校生では、「社会的に偉くなりたい」と考える生徒が80~90%と非常に高い割合を占めています。
米国の高校生でも70%となっています。
それに対して日本の高校生は45%どまり。
「責任が重くなるから」というのが低い割合の理由です。

若者が夢を持てる経済、社会環境を作り上げていくことは、為政者だけでなく、シニア世代の責任ともいえます。

シニアの声

(24)骨抜きにされる電力改革案

(25)スマホの普及を考える

(27)アベノミックスに挑戦する吉野家「牛丼」の値下げ

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る