定年生活.com トップ» 学ぶ » シニアの声(31)あきれた橋下氏の発言

シニアの声(31)あきれた橋下氏の発言

2013/5/17  かざぐるま さん

定年後の生活
「慰安婦制度は必要だった」という橋下徹・日本維新の会共同代表(大阪市長)の発言が物議をかもしています。
橋下氏自身は、後で「発言は不適切だった」としているものの、撤回する意思はないようです。
発言の発端は、先ごろ沖縄県の米軍普天間基地を訪問した際、司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と進言したことです。
恐らく、基地における米兵の暴行事件が後を絶たないことが念頭にあったと思われます。
それに対して司令官は苦笑いして「そういうことは禁止している。その話はやめよう」と述べたそうです。

記事を読んで、橋下氏の発言にあきれるとともに、実に恥ずかしい思いをしました。
橋下氏の発言は、その後、記者会見などで、従軍慰安婦問題への言及に発展、「戦争のためには、女性の性を利用することは当たり前」という趣旨の発言に及んでは、何をかいわんやという感じです。

橋下氏は、大阪府、市の行政改革に大いに手腕を発揮し、一定の成果をあげてきたことは事実です。
その成果を踏まえて日本維新の会を立ち上げ、国政に影響力を及ぼすほどになっています。
今回の一連の発言には「橋下氏が自分の政治力を過信した結果」という見方もあります。
そうした面も否定しませんが、一連の発言は、端無くも橋下氏の精神構造の問題を浮き彫りにした印象を受けます。

米軍の司令官が、氏の発言を苦々しく思ったのは、橋下氏はもちろん、日本人の精神構造に、米国民あるいは、国際社会におけるコモンセンスとは異質なものを感じたためではないか、と思われます。

戦前の日本、旧日本軍はもちろん、つい最近の日本社会でも、買春をはじめとする女性への性差別に、不感症の人たちが多いような気がします。
私たちは、憲法で「国際社会で名誉ある地位を占めたいと思う」と決意し、平和、貧困、そして人権の問題に、真剣に取り組んできたはずです。
とくに戦後の復興を担ったシニア世代がその牽引車となりました。

橋下氏の発言は、そうした日本社会の努力にもかかわらず、依然として旧時代の精神構造を引きずり、それも公言してはばからない、時代錯誤的な思想の持ち主である、という感じがして、情けない思いを禁じ得ません。

シニアの声

(29)「解雇の金銭解決」は是か非か

(30)姑息な消費増税のセール指針

(32)後を絶たぬ復興予算の流用

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る