定年生活.com トップ» 学ぶ » シニアが読み解くエネルギー・環境問題(8)“水素社会”が到来する?

シニアが読み解くエネルギー・環境問題(8)“水素社会”が到来する?

2012/3/8 

クリーンエネルギー

“水素社会”が到来する?

水素社会という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。その水素社会が実は、到来しつつあるのです。

水素は究極のクリーンエネルギーといわれ、自動車や家庭の電気、給湯器などのエネルギーがすべて水素で作られるのです。水素をエネルギーとして利用するためには、燃料電池が用いられます。燃料という名前の通り、天然ガスやエタノールなどの燃料から水素を作り、水素と酸素を反応させて電気を作るのです。学校の理科の授業で習った、水の電気分解、つまり、水を電気分解すると、水素と酸素が出来るという原理の、逆の原理を応用して電気を作るのです。

燃料電池で排出されるのは水だけです。燃料電池がクリーンエネルギーといわれるゆえんです。天然ガスを燃料とするので、CO2が排出されますが、それは燃焼ではなく、改質(炭化水素の組成・性質を改良)によって水素を生成する仕組みです。また、電気と排熱を利用できるので、総合エネルギー効率は80%と高く、エネルギー単位あたりのCO2排出量は極めて少ないのです。
燃料電池車
燃料電池車はすでに試験的に走行しており、水素を供給するスタンド、つまり水素ステーションも試験的にできています。

経済産業省は昨年から、「水素利用社会システム構築実証事業」における水素ハイウェイプロジェクトを進めています。このプロジェクトは、高速道路に水素ステーションを設置し、燃料電池自動車に水素を供給して走行させる内容です。水素を燃料とする燃料電池や燃料電池自動車の普及を目指すのが目的です。

水素ステーションのうち、一部は昨年12月から運用が始まりました。場所は東京・杉並と羽田にある2ヵ所のステーションです。また、千葉県成田にもステーションがオープンしています。これらのステーションでは、燃料電池バスや燃料電池自動車に水素が供給されます。
水素|クリーンエネルギー
燃料電池バスは、新宿駅西口~羽田空港、東京シティエアターミナル~羽田空港間でそれぞれ1日1往復の定期営業運行が行われます。また、都心~羽田・成田間ではハイヤー会社などによる燃料電池自動車の走行も行われる予定です。

これらの水素ステーションでは、二通りの方法で水素が供給されます。杉並ステーションと成田ステーションでは、石油会社の製油所などで製造した高圧水素ガスを、水素カードルと呼ばれる輸送容器でトラックで運ばれます。ステーションでは、それを蓄圧器などに詰め替え、ディスペンサー(自動供給機)を通じてバスや自動車に水素が供給されます。

羽田ステーションの場合は、都市ガスを改質することによって直接水素を作ります。いずれの場合も水素を燃料電池の燃料として電気を作り、その電気でバスや自動車が走るというわけです。安全性に関しては、これまでの試験結果では、全く問題ないとされています。

家庭用の燃料電池は、現在、給湯器などで実用化段階にあります。「エネファーム」の名称で販売されていますが、これはコージェネレーション・システムのひとつで、熱と電気がつくられます。電気は、家庭用の電気として照明などに使われます。熱は、給湯やお風呂、暖房などに利用されます。
エネファーム
燃料電池車、コージェネレーションの本格普及は2015年頃といわれ、水素社会がいよいよ身近になるといえます。

シニアが読み解くエネルギー・環境問題

(1)脱原発は可能か / (2)スマートコミュニティづくりを急げ /
 
(3)日本は資源大国になれるか / (4)原発輸出は是か非か /
 
(5)相次ぐ電力各社のメガソーラー事業 / (6)河川水や都市排熱の有効活用を
 
(7)エネルギー選択に重要な発電コスト / (8)“水素社会”が到来する? /
 
(9)下水汚泥が都市ガスに変身? / (10)原子力に代わる天然ガス? /

(11)太陽光発電はどこまで安くなる? / (12)動き出した暮らしのエネルギー革命

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る